専用小型気象計について

7つの気象センサを搭載

気温・気圧・相対湿度・風向風速・日射・感雨・雨量の8要素の気象データを実測する事ができます。

小型・軽量・省電力、どこでも簡単設置。

気象計の本体サイズは直径20.0cm×高さ27.1cm重さは1.35kg。ソーラーパネルを利用し、電源も不要です。さまざまな場所に、簡単に設置できます。

通信機能:携帯電話網

携帯電話網を利用し、観測した気象データをリアルタイムでサーバ送信します。

気象庁測器検定取得

気温・気圧・相対湿度・風速・雨量

さまざまなオプションセンサにも対応

積雪、PM2.5、CO2、放射線物質、他、さまざまなセンサを搭載することが可能です。詳しくはご相談ください。

小型軽量なので、測りたい場所にピンポイントで設置ができます。

屋上設置例

●サイズ:幅1m×奥行1m×高さ1.5m
●総質量:約130kg

電柱設置例

●総質量:約20kg
※工事費別途

豪雨災害監視には「AMECA」(アメカ)

雨量計+カメラ

AMECAは雨量計と監視カメラを組み合わせ、状況をリアルタイムで確認する豪雨災害監視システムです。山崩れや河川の増水など、危険箇所に設置すれば、ピンポイントで監視することができます。また、POTEKAとの組み合わせで、よりきめ細かな監視・観測が可能になります。

POTEKA観測網について

きめ細かなセンサネットワークの構築が大切です。

POTEKAを有効に活用するためには、小型気象計をきめ細かく設置し、超高密度なセンサネットワークを構築することが大切です。POTEKAは、気象計の設置場所の気象状況をリアルタイムで表示・提供するとともに、収集したそれらのデータを蓄積&解析することでより高度な気象情報の活用を可能にします。現在、実証実験中エリアでは、2km間隔で気象計を設置し、細かな観測網を構築しています。この観測網から得られた気象情報は地域特有の気象パターンの解析などに活用されています。

※本ホームページに掲載したサービス・仕様は予告なく変更することがあります。