群馬県内において、POTEKAの可能性を検証しています

小型気象計を2km間隔で配置した超高密度観測網で、きめ細かに観測データを収集しています。

現在、群馬県・埼玉県を中心に約2km間隔で145カ所に小型気象計を設置し、POTEKA観測網の実証実験を行っています。観測された実測データは、ピンポイントでの気象情報の提供だけでなく、突風・竜巻の発生を捉え、地域の様々な気象特性を明らかにしています。

※伊勢崎市の場合:人口密度 約1400人/km2
2km間隔で設置したPOTEKAの場合=4400人に1台(1400×3.14で算出)
17km間隔で設置されているアメダス=32万人に1台(1400×8.5×8.5×3.14で算出)

※深谷市は2016年3月まで

短時間降水予報 1時間後のお天気の状況を予報しています

地域全体の状況把握とピンポイントの実測値に基づいて、少し先のお天気を高い精度で予報することができます。

POTEKA設置エリアでは、設置された気象計から集めた気象データから、雨の降り方や雨量の推移を計測し、10分から1時間後の降水予報をピンポイントで行う「短時間降水予報」の実証実験を行い、サービスを開始いたしました。観測地点ではリアルタイムで雨の降り出し時刻がわかるため、どの方向からどんな速度で雨が近づいてきているかを把握することができます。左の図は実証実験中に1時間前に予報した降水の状態と実際のお天気を比較したもの。雨が降った時刻はほぼ合致しています。このような降水予報の精度をより上げるためには、観測網から集積したビッグデータをもとに、地域特有の気象パターンを解析することが必要です。このようにPOTEKAから得た情報の蓄積が、快適な暮らしに役立つ「降水予報システム」を育てていきます。

突風・竜巻の早期検知 局所的な気象変化をとらえています

突風

突風の発生を知らせるダウンバースト現象をとらえることに成功

POTEKAは観測地点での気温の急低下をとらえることで、突風や竜巻発生のサインとなるダウンバースト現象をいち早く検知することが可能です。2013年8月のデータでは、突風被害のあった地域に沿って、急激な気温低下(12分間でマイナス14℃)や気圧の急上昇を観測。気象庁発表の突風経路と、POTEKAでの気象観測結果は一致しました。このようにきめ細かに観測を続けることで、局地的な気象変化をとらえ、突風や竜巻発生の早期検知を目指しています。

★ダウンバーストとは

積乱雲からの強い下降気流のこと。冷たい空気の固まりが落ちてきて地面にぶつかり同心円上に広がる現象です。暖かい空気との境界で突風を引き起こす可能性が高いといわれています。

【観測実績】突風到達の17分前に気温の急低下を検知 2013年8月11日の<気温>観測データ
竜巻

竜巻の検知と予測の可能性について

気圧変化は、突風・竜巻のメカニズム解明に非常に有効な観測値です。POTEKAは2kmという範囲で細かな観測を行うことで、突風の元になった気圧急低下の場所と時刻を特定することに成功しました。2013年9月には、竜巻に伴って短時間で局所的に発生する低気圧を世界で初めて観測。このようなデータを蓄積することで、竜巻発生のメカニズムの解明に役立つことが期待されています。

詳しい資料についてはお問い合わせください

【観測実績】竜巻発生前に気圧の急低下を検知 2013年9月16日の<気圧>観測データ

お問い合わせ